本文へスキップ

RI第2570地区 第2グループ

過去の記録

ク ラ ブ の 歴 史 と 授 賞

 1993〜94年度
(中林光哉会長)
認証状伝達式『チャーターナイト』を志木市民会館にて執り行う  第2570地区内外の800名のロータリアン参加 アトラクションとして志木第九の会・オーケストラの演奏 記念事業としてR財団・米山記念奨学会・志木市社会福祉協議会・例会場の志木郵便局に金一封を贈呈
 
 1994〜95年度
(鈴木和彦会長) 
職業奉仕では「世界に誇る日本の頭脳」と言われる「理化学研究所」の見学 志木市環境フェアでバザーを開催100点以上売り上げる志木市親水公園に「エノキ」を寄贈植樹  志木市や朝霞警察の呼びかけで柳瀬川駅前に暴力排除の垂れ幕を寄贈 内容は「暴力を許さぬ勇気と地域の輪」暴力排除推進感謝状受賞 米山功労クラブ授賞  
 1995〜96年度
(園木忠次会長)
会員増強優秀クラブ(会員数31名)
1企業35万円の寄付を3会員が行い米山寄付貢献優秀クラブ授賞 「真心・慈愛・平和の為の会長賞」受賞 院展鑑賞会は恒例例会に 交換留学生として深澤奈穂さん合格! 職業奉仕で会員の企業「日本レダリー」と陸上自衛隊朝霞駐屯地の見学 

 1996〜97年度
(熊倉 徴会長)
『青少年と大人のための山田かまち作品展』開催 来場者約4000名  意義ある業績賞(奨励賞)授賞 R財団青少年交換留学生として深澤奈穂さんをアメリカへ派遣 米山奨学生謝チンピンさん受入れ 最高裁判者の見学 渋沢栄一記念館の見学 志木RCと合同でオープン例会や新世代会議を開催
 1997〜98年度
(増島光博会長)
R財団功労クラブ 暴力排除功労賞授賞
オープン討論会『暴力・薬物に係る若者の心と行動』開催 R財団青少年交換留学生としてオルテガ・ニコルさんを受入れ 東京都水道局朝霞浄水場を視察  志木いろはウォーキングにゼッケンを寄付  志木市産業祭に「バクダン菓子」を800名に無料配布(継続)
日豪相互訪問でマリエサさんを受入れ 

 1998〜99年度
(古屋信和会長)
夢シリーズ「若者・プロゴルファー・経営者の夢」「ときめきの富士」主催 ダブル講演会『青春の夢を追って』開催「街角に心のプレゼント」 志木市福祉作業所にクリスマス慰問を始める 職業奉仕で埼玉防災センターの見学 米山梅吉記念会見学をサロンバス旅行 最終例会は東京湾夜景洋上ディナークルーズ 熊倉委員長が会報を手作りでA3カラーに!  
 99〜2000年度
(竹内勘次会長) 
第2570地区第2分区『I.M.』主催 
中林光哉分区代理を支える 米山奨学生崔炳美さん受入れ(日本女性と結婚し、韓国大使館の文化院勤務) 300回記念例会として「国際機関を通してみた日本の諸問題」特別講演会を開催 埼玉県の防災航空隊を視察しヘリコプターに乗る 会報に私の履歴書掲載

 2000〜01年度
(平井靖彦会長)
『田島隆宏講演会・写真展』開催!「電動自動車」や写真家との出会いで今の自分が有ると田島氏「皆様心のバリアフリをおねがいします!人は外見ではなく中身です。身体の不自由な人はいろいろな可能性を持っています。その可能性を引き出せないでいるのは環境ではないでしょうか」  RI会長・広報賞授賞 米山功労クラブ 朝霞キャロットRCと合同例会「フォーク&カントリーの夕べ」

2001〜02年度
(荻野光一会長) 
地域社会に密着しそのニーズに合う奉仕活動を行おうとクラブテーマを「地域共生」とし青少年の心の成長の一助になることを願って活動した  子供を持つ親のための講演会
『鳥海喜久夫氏教育講演会』開催 鳥海氏「子供に大切なのは無上の親の愛です!」 そのほか障害者職業開拓員など様々な教育関係の卓話を開催 志木市作業所へクリスマス慰問デジカメをプレゼントしました(作業所訪問は1998年より15年間継続中)
2002〜03年度
(深澤好文会長)  
『十周年記念合同例会』を開催 社会福祉協議会に記念寄付 富士見市の長谷寺でクラブ初の座禅を行う。指導は曹洞宗でも数少ない得道の井上義寛老師  伊香保の福一に十周年記念旅行 米山奨学生王泱鱈さん受入れし、着物を着せて茶道やお琴を楽しむ  暮れには東京芸術劇場で「第九」を聴く会や「餅つきを楽しむ例会」を開催
2003〜04年度
(植松 高会長) 
安岡正篤最後の弟子である関根茂章氏講演『安岡正篤の世界』開催 朝霞キャロットRC・新座こぶしRCと初の合同例会3回開催(以後継続) 「親と子のジャズフェスティバル」開催 全国でスクールコンサートをしている「大庭照子コンサート」開催 大阪での世界大会に増島・竹内両会員が参加し各国のロータリアンと交流する
2004〜05年度
(並木紀之会長) 
会長ターゲット『ロータリーを学ぶ』にのっとり 会員全員で他クラブの例会に出席する・・・5回 朝霞キャロット・新座こぶしの3クラブで初のガバナー公式訪問合同例会
会員増強優秀クラブ(純増2名)受賞
志木市民まつりにバクダン菓子の無料配布
(98年より10年継続) 

2005〜06年度
(中川綾子会長) 
第2グループ初の女性会長(初の三役女性)松島とも子会長の恵比寿RCの例会に参加
ミャンマーで20年間支援を続ける今泉パストガバナーを招き3クラブ合同例会を開催
論語を学ぶシリーズ例会12回開催
最終例会は安岡正篤記念館の見学・二葉で懇親会 猿が京に1泊旅行  米山功労クラブ 

 2006〜07年度
(醍醐治江会長)
志木RC創立35周年記念植樹・式典に参加
富士見RC・朝霞キャロットRC・新座こぶしRCと合同例会 
米山梅吉記念館の見学とクレマチスの丘散策
米山奨学生の朴周鳳さんを受入れ最終親睦旅行の伊香保1泊旅行にご夫妻を招待しました

2007〜08年度
(坂間智子会長) 
創立15周年記念式典例会を挙行 (志木RC全員登録) 志木市作業所に希望されたカラオケセットを寄贈 富士見RC・和光RC・朝霞キャロットRC・新座こぶしRCと合同例会開催 志木RCと合同で「職奉フォーラム」開催 全会員100ドル達成クラブ 志木RCと合同で志木市の小中学生徒に壁画を描いてもらい志木市に寄付 
ミャンマーサイクロン地震に衣服など寄付



2008〜09年度
(竹内勘次会長) 
志木さくらフェスティバルでのバザーの収益金を志木社会福祉協議会 に寄付
朝霞キャロットRC・新座こぶしRCと3クラブ合同例会
志木RCと合同例会「県知事の卓話」開催
職業奉仕で1万2千人が巣立った身障者の為の運転教習所「東園教習所」を訪問
全会員100ドル達成クラブ

2009〜10年度
(深澤隆之会長) 
志木さくらフェスティバルでのバザーの収益金を志木社会福祉協議会 に寄付
クラブの名前に因んで「川を知る」をテーマとして活動(継続) 志木RCと合同で「職奉フォーラム」開催 全会員100ドル達成クラブ R財団国際親善奨学生として柴田奈津美さんを香港大学へ派遣 職業奉仕で大村商事訪問 最終例会はスカイツリーと水上バ 
 
2010〜11年度 
(片桐靖子会長)
米山学友チェビョンミさん勤務の韓国大使館の文化院の見学(学友の朴さんも参加) 
福祉作業所にゴーヤと花を植樹 「水を考える」継続事業として「清瀬水再生センター見学」を行い最終例会は「河骨の観賞会」
全員100ドル達成クラブ 志木RCと合同例会 朝霞キャロット・新座こぶしと3クラブ合同例会 (東京大空襲の落語を設営) 

2011〜12年度
(増田美佐子会長) 
RI会長賞受賞(3名の会員増強などで)
志木さくらフェスティバルでのバザーの収益金を社会福祉協議会へ寄付
移動例会として東京RCを訪問
志木・富士見・キャロット・こぶしRCと合同例会(宝幢寺にて細田学園茶道部のお茶会を企画) 全員100ドル達成クラブ 

 2012〜13年度
(深澤好文会長)
 創立20周年記念事業として、長年の夢であった『河骨の植栽』をおこなう。創立20周年記念例会・祝賀会を執り行う。社会福祉協議会とロータリー希望の風に寄付。R財団地区補助金で大正琴5台を福祉作業所に贈り記念例会に演奏して戴く。ホームページを作成し記念例会で披露・20年のあゆみも発表 合同例会で座禅主催。職奉で大應寺訪問。  
 
 2013〜14年度
(荻野光一会長)
深澤隆之ガバナー補佐を輩出し、第2グループGMを執り行う。
R財団地区補助金・志木RC・地域の皆様の協力を得て、慶應義塾ワグ ネルソサイアティオーケストラ90名による「ワンコイン・スプリングコンサート」を開催。
地域の老若男女800名が参加。
4歳・小中学生・作業所の方など指揮者体験や解り易い曲目紹介が好評!御礼として
志木市・教育委員会・社会福祉協議会・ロータリー希望の風に寄付。
秩父方面に1泊バス親睦旅行
例会時に小銭募金箱を回しロータリー重点6分野へ16万円以上寄付。
 
 
 2014〜15年度
(増島光博会長)
   志木RCと共に青少年交換留学生受け入れ開始、同時に派遣学生舟崎弘恵さんを同じくカナダへ送り出す。アンガス君受け入れに伴い、日本の文化・風習に親しむ
1000回記念例会を
迎えた
 
 2015〜16年度
(深澤隆之会長)
 当クラブは、周囲に何と言われようとも、親睦が第一、会員数が少なくとも個性に優れて、周囲と対等に渡り合えます。
そういう会員になるために、お互いに確認し合い、強い絆で今日まで繋がってきました。
このまま今年度も生き抜きます。
社会奉仕は、継続事業の志木福祉作業所の夏まつり、クリスマス会に参加、さらなる交流を深めています。
 
 2016〜17年度
(深澤隆之会長)
 少人数であるクラブが故、活動等に無理が生じることも現実ではありますが、自分達で出来ることを精一杯、プログラムを考え、新しいことまでには中々実行にまではいきませんが、継続事業はしっかりと活動しています。
第一の目標である増強ももろもろの事情により、勧誘をしてもなかなか入会まで辿り着けないのが現状です。
上記のような状況ではありますが、少人数であるからそれを追い目に感じ、委縮することなく、今まで築いてきた団結力を持って、互いを思いやり、感謝しながら、今年一年過ごしてきました。
 
 2017〜18年度
(荻野光一会長)
 今年度は創立25周年目を迎え、ピアニストの赤塚太郎氏、望月友美氏、久守あさひ氏の演奏で、チャリティコンサートを開催いたしました。
多くの方々に来ていただき、大盛況での演奏会を開催出来ました。
また志木市、地域の皆様、社会福祉協議会、希望の風への協力も果たすことが出来、改めて、少人数のクラブではあるが、本当に多くの方々や、ロータリアンの仲間たちに支えられ充実した周年記念式典を迎えられたと痛感いたしました。
 
 

志木柳瀬川ロータリークラブ

〒353-0007
埼玉県志木市柏町6-27-20-105

TEL 048-475-2509